×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鴉〃の麻雀考察
東 発
4順目
南家
ドラ北
55579999m778p78s
ツ モ9s

色々選択肢がありそうですね。

9mアンカン
待 ち○
打点◎
受け入れ○
67m7p69pの1向聴。
9m切りと比べて 8m引きに対応出来ない分、受け入れは少し狭く、789は消えるが、サンアンコウやカンドラ・カン裏が狙える。
でも、結局カンをする のであれば、カンドラが7pになるかも知れないですし、ツモが1つ増えますし、早いに越したことはないですね。
打点志向で攻撃型の方 はこれが良いかも。

9m切り
待ち◎
打点○
受け入 れ◎
678m769pの1向聴。

打牌候補の中で受け入れが広く待ちも多くなるケースが多 い。
サンアンコウや三色の目も残っているのだが、不確定で立直のみになる可能性もある。
7p切りと比べてアンカ ン出来る分、打点面では少し劣るかも知れないが、例えば相手にカンドラを載せてチャンスを与えないなど、、敢えてカンを選択しないメリットも十分に考えら れます。
堅実型の人に向いてると思います。

7p切り
待ち◎
打 点◎
受け入れ◎

678m69pの1向聴。
どこを引いてもアンカン出来 る形。

6p引きでのリーのみ拒否というわけでもないが槓裏や槓ドラ増やして立直も良い。やはり、9m切りと比べ て不確定三色を考慮すると強みな気がする。待ちは8mであがれなくなりますから、4枚減るんですけどね。

67m 引きでのアンカンもある。
攻撃型のタイプに見られる打牌とは言えないだろうか。
まぁ、元々カンというのは嶺上牌 に安牌を求めるとかそういう稀なケースを除いて、攻撃面が多く考慮されていることは間違いないですね。

8p切り
待 ち△
打点△
カン8m聴牌。
4順目、やはりもうちょっと見たい所だろうか。
立 直のみ、待ちも良くないですし、正直言うとあまり有効な打牌とは思えない。
ダマテンでもツモ和了が出来る形だが、、どうであろうか。
[TOPに戻る]