×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鴉〃の麻雀考察
東発
東家
ドラ中
3順目

4567m 567s 457778p

ツモ7p

@4m切り
567の目も残しつつ、7p切りと比較して、受けの広さは変わらないが、45p引きだと69pになるので、タンヤオが付きにくい。

9p・8p引けば4pを切りカン6pだが三色確定、6p引いた際は4面張だが、58pで安め、69pで三色確定する。
それと、8p引いてアンカンすることができるのが強みであろうか。

A4p切り
567狙い受けはあまり広くないが、マンズの伸びも考慮の入れつつ、6p引いての4面張を狙えるのが特徴。

B7p切り
7m切りと比較して45p引きでテンパイ取ることが出来ないが、47m引きでのタンヤオが付く形。
マンズを伸ばしメンタンピンにも移行できる。456の目もまだ残っている。

C7pアンカン
+16符で50符テンパネする。
ドラが1つ載るだけで出アガリでも9600になる形。
ただし、待ちが悪くなる可能性があり、受けが狭くなる。

D8p切り
567も狙いつつアンカンもって所か。
ただし、受けもあまり広くなく、待ちとして良くなる可能性がある。

総評:
私も7p切りそうな気がする。
カンは結構するけど堅実な雀風でもあるんでね。 
[TOPに戻る]