×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鴉〃の麻雀考察
東発
西家
5順目
ドラ3m
6679m 3456s 12356p

ツモ6p

@9m切り
A3s切り
B6p切り

この3つですかね。
@9m切り
2シャンテン戻し。
8m引いてテンパイなので2シャンテンに戻すのはちょっと解せないのもあるかも知れないが、

8m以外の色々なツモに対応することが
出来る。

※メリットのありそうな有効牌
5m引き:
5667m 3456s 123566p
雀頭固定でマンズのイーペーコーの目も残る。

8m引き:
6678m 3456s 123566p
裏目の8mだが、フリテン含みの6mを切ってこれでもそこそこ十分形。

25s47s引き:
667m 23456s 123566p
667m 34556s 123566p
667m 34456s 123566p
667m 34567s 123566p
ピンフに拘らない、十分形1シャンテンに構えられる。
ターツ選択できるのもメリットでしょうか。

36s引き:
667m 33456s 123566p
667m 34566s 123566p
3sツモなら456、567まで狙える。

4p7p6p引き:
667m 3456s 1234566p
667m 3456s 1235667p
667m 3456s 1235666p
これでも十分形に構えられる。

ざっとこんな所だが、色々なツモに対応出来るメリットがある。

A3s切り
6pアンコのカン8mでもリーチならこれかな。
でもソーズが連続系なのでちょっと疑問な気がする。

B6p切り
8m引いてもテンパイ取ることが出来る。
ただ8m先引いた時限定。
手代わりできる枚数から言って、47p引いても、1シャンテンに戻すのが普通かな。

総評:
私は9m切ります。
自分の場合、遠い所からピンフ三色とかピンフイーペーコーとかあがることがあるんですが、両面系になるような面子を大事にし、こういう2シャンテン戻しをよくするからなんでしょうね。
でも、シャンテン戻しのし過ぎには注意しないと。。
[TOPに戻る]