×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鴉〃の麻雀考察
東2局
東家
4順目
ドラ6m

233445m 56789p 34s

ツモ4p

@4m切り
ドラ引きとテンパイチャンスを優先する打ち方。
6m引いての25s待ちが理想であろう。

A9p切り
58p47p引いてのメンタンピンが1番理想ではなかろうか。
有効牌は12枚あります。

36p引いて際には役が付くので単騎待ちのテンパイに取る可能性もあるが、
ここでドラ引きを期待して4m切りもありそうである。
メンタンピンドラ1なら親ハネまで見える。

34s引きで369pの3面張。
出アガリが期待できないので、ツモ切りもありそうだが。。

25s引きでノベタン待ち。
58pに受けるか47pに受けるかは場況次第であろう。ノベタンでリーチも十分ある。

B34s切り
14m(6枚)引いて14m(5枚)
25m(6枚)引いて25m(5枚)
36m(6枚)引いて36m(5枚)

39p(10枚)引いて369p(9枚)
6p(3枚)引いて69p(5枚)
47p引いて47p(5枚)

に受けられる。
ピンフが付くケースは
4m・25m・3m・4p・9p
ピンフが付かないケースは
1m・6m・3p・6p・7p

テンパイチャンスが期待出来ずピンフが付かないケースも多いので、
ここで、単騎待ちに受けるのは若干リスクが高いかも知れません。
単騎待ちで出アガリ期待だと、リーチが前提となります。

総評:
テンパイ取らないのはちょっと危うい感じもあったんですが、
冷静に見てみると、9p切りが無難そうですね。
なかなか良い問題です。
[TOPに戻る]