×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鴉〃の麻雀考察
今日の何切る問題

*場に関連牌は飛んでいないものとする。
*一発裏ドラ・カンドラ・カン裏・クイタン後付けありルール。

東発
東家
ドラ9m
5順目

11245679m 23p 344s

ツモ3m

@1m切り
A9m切り
B3s切り
C4s切り

@1m切り
打点◎
テンパイチャンス△
受け入れ△
仕掛け○

打点:
イッツウ、123、234、ピンフドラ2、リーチドラ2
リーチドラ3が主に狙える。

受け入れ:
8m・14p
3種11枚とこの時点で
テンパイに至るまでの受け入れは狭い。

テンパイチャンス:
最終的にカン8mが残る可能性もある。

仕掛け:
8mチーもしくは14pチーが出来る形。

ドラ引きに関して:
ドラを引いた際の受け入れの広さもこの打牌の特徴。4s切りは
以下のような形になるのに対して、
23456799m 23p 34s北
*北は安牌
1m切りは以下のように
23456799m 23p 344s
受け入れの広い1シャンテンに
取ることが出来る。

ドラを打たない形、
使い切りたい形を取るのであれば
1m切りが1番優秀と言って良い。

手牌変化:
12345679m 23p 344s
マンズの36m5m引きで
どうするかは打ち手次第だが、
2s引きでも123の三色に以降できる。

理想系:
123456789m 23p 44s
23456799m 234p 34s
23456799m 23p 234s
234567999m 23p 44s
23456799m 23p 444s
12345679m 123p 44s
123567m 123p 2344s
123567m 23p 12344s
234567m 234p 3444s
234567m 234p 3444s

A9m切り
打点△
テンパイチャンス○
受け入れ◎
仕掛け△

打点:
234の三色、ピンフ、リーチのみが狙える。
打点力に欠けるのが9m切りの欠点と言って良い。

テンパイチャンス:
テンパイが入れば確実に両面で待てる形。

受け入れ:
14p(8枚)25s(8枚) 1m4s(4枚)
6種20枚の受け入れがある。
打牌候補の中で1番手広い。

仕掛け:
片アガリであるが、4p、2sが鳴ける形。

B3s切り
打点△
テンパイチャンス△
受け入れ◎
仕掛け○
112345679m 23p 44s

打点:
イッツウ限定の形であろうか。
三色は完全に見切っている。

受け入れ:
1m8m4s13p

5種19枚の受け入れがある。
受け入れもそこそこ広い。

テンパイチャンス:
カン8mが残る可能性がある。

仕掛け:
8mチーもしくは14pチーが出来る形。

ドラ引きに関して:
ドラ引けば両面系が残る1m切りに対して
受け入れは広いのだが、
ドラ引きには対応しにくい。

123456799m 23p 44s
こういう形になってしまうのがデメリット。

C4s切り
打点○
テンパイチャンス○
受け入れ○
仕掛け△

112345679m 23p 34s
打点:
234の三色が狙える形。
ピンフが付く。

テンパイチャンス:
確実に両面系が残る。

受け入れ:
14p 25s
4種16枚と受け入れもまぁまぁの所。
8m引きでのドラの振り替え、
9m引きで1mトイツ落しで雀頭が振り変わる形。

仕掛け:
片アガリであるが、4p、2sが鳴ける形。
[TOPに戻る]