×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鴉〃の麻雀考察
*場に関連牌は飛んでいないものとする。
*一発裏ドラ・カンドラ・カン裏・クイタン後付けありルール。

東1局
5順目
西家
ドラ5m

34567m 34556789s

ツモ7m

何を切りどうするであろうか?

@3m切りリーチ
A3m切りダマ
B7m切り
C5s切り
D9s切り

@47sリーチ
メンピンドラ1
自分で2枚使っているので、最高6枚。

A47sダマ
1s引いてカン2s、イッツウ確定。
2s引いての147s、高め一通のテンパイ。
6s引きでメンタンピンドラ1に変化する。

B7m切り
258m(11枚)入れての
258s(9枚)もしくは369s(9枚)

258s(9枚)入れての
258s(11枚)もしくは369s(9枚)

369s(9枚)入れての
258m(11枚)

合計29枚の三面張への変化があります。

258s(9枚)と369s(9枚)の
比較ですがタンヤオ確定の
258s(9枚)受けの方が打点が高くなり、

5mがドラだけにハネ満まで望める手牌に変化する。
待ち牌も3枚もしくは5枚程度多くなるので、
結構有効に感じる。

47s引きでもノベタンテンパイが取れる形だが
ツモ切りが良さそうである。

C5s切り

2m(4枚)引きで147m(9枚)もしくは369s(9枚)
4m(3枚)引きでの25m(7枚)
7m(2枚)引きで36m258m(17枚)
369s(9枚)引きで258m(11枚)
などに変化するが、

タンヤオが付きやすい9s切りが
良さそうな気がします。

D9s切り

2m(4枚)引きで147m(9枚)もしくは258s(9枚)
4m(3枚)引きでの25m(7枚)
5m(3枚)引きでの258s(9枚)
7m(2枚)引きで36m258m(17枚)
258s(9枚)引きでの258m(11枚)

合計21枚の両面以上の変化があります。
7m引いて5面張で待ちたいですね。
[TOPに戻る]