×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鴉〃の麻雀考察

某何切るサイトの問題U解説
*一発・裏ドラあり。

東1局
南家
ドラ6p

33455m11167p234s
ツモ7p

と来て何を切るであろうか?

@6p切り
A7p切り
Bその他

@6p切り
待ち:
カン4m(3枚)

打点:
・リーチを掛ければ一発もしくは裏ドラ載せてツモアガれば満貫ある。

待ちの変化:
・3(2枚)、5m(2枚)、7p(2枚)ツモでツモりサンアンコウが狙える。
・2m(4枚)引いての14m(7枚)
・6m(4枚)引いての47m(7枚)
に変化する。

備考:
・出アガリが出来る。
・ドラを鳴かれる可能性(チー、ポンされる)がある。

A7p切り
待ちの変化:
・25m(6枚)を引けば58p(7枚)、リーチドラ1のテンパイに取れる。

・36m(6枚)を引けば58p(7枚)、リーチドラ1のテンパイに取れる。

・6pを切っていると後手になる形かも知れないが、4m(3枚)を引けば、イーペーコードラ2のドラ単騎待ち(3枚)及び、ピンフイーペーコードラ1の58p(7枚)待ちのテンパイに取れる。

・58p(7枚)を引けばイーペーコードラ1のカン4m待ち(3枚)
もしくはリーチドラ1の25m待ち(6枚)、36m待ち(6枚)の両面テンパイ及び、35m(4枚)のシャンポンテンパイに取れる。

・6p(3枚)引けばカン4m(3枚)イーペーコードラ2のテンパイに取れる、またダマテンにすれば、ツモりサンアンコウの1シャンテンにも取れる(ハネ満まで見える手にもなる)。

待ちの変化だけでも28枚もある。
また、テンパイチャンス(待ちの数)が増えるだけでなく打点もそこそこ伴うケースも多い。

Bその他
他にも打牌選択はあると思いますが、ちょっと長くなるので割愛。

結論
別にどれを選ぶから間違えとか正しいとかそういう事を言いたい訳ではない。

それぞれの打牌選択のメリット、デメリットを把握し、この先の手牌の変化を想定すること。
これが重要なのである。

(終)
[TOPに戻る]