×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鴉〃の麻雀考察
今日の何切る問題
*場に関連牌は飛んでいないものとする。
*赤なし、一発・裏ドラあり、アリアリルール。

東1局
3順目
南家
ドラ発
3444456m 3p 44556s

ツモ5p

何を切るであろうか?
後程解説したい。

待ちに関して
25・36m待ち→13枚
カン4p→4枚
36s待ち→7枚

@4m切り
手役◎
受け入れ△
テンパイチャンス△
手牌変化△

345・456の三色・ピンフが狙える打牌である。
カン4pが入れば→高めタンピン三色・安めタンピンイーペーコーと高打点が望める。
3sが入れば→タンヤオ・三色。
6sが入れば→タンヤオ・イーペーコー、6pツモれば三色含みのテンパイにとれる。

ただし、マンズの部分の受け入れはほぼなくなり、36sが埋まってしまうと、待ちも良くない。

A6m切り
手役○
受け入れ○
テンパイチャンス△
手牌変化△

@と比べて3p5pツモでも両面系、475s入ってもカン4pと。
受け入れが多くなるが456は見切る形になる。

B3p切り
手役△
受け入れ○
テンパイチャンス◎
手牌変化◎

345の三色は見切る形になるが、456の目が残っている。

3444456m
の形。
25m36m受けがあるので受け入れそこそこ広いし、両面以上でのリーチが期待でき、
4面待ちで待てれば一発・裏ドラも期待できるのではなかろうか?2m・3mはノーチャンスなのでかなり狙えそうである。

◇マンズやソーズの手牌変化
7m引きで
34444567m 44556s
の形。
58m(7枚)・475s(8枚)が入ってもテンパイと受け入れが広くなる。

4s引きで
3444456m 444556s
の形。
78m(8枚)・475s(8枚)が入ってもテンパイが取れるが、8m引いてもカン7mなので、ツモ切った方が良いかも知れない。

5s引きで
3444456m 445556s
の形。
78m(8枚)・45s(4枚)が入ってもテンパイが取れるが、8m引いてもカン7mなので、ツモ切った方が良いかも知れない。

7s引きで
3444456m 445567s
の形。
78m(8枚)・47s(5枚)が入ってもテンパイが取れるが、8m引いてもカン7mなので、ツモ切った方が良いかも知れない。

鴉〃は何を切るか?
B3p切り
やはり、受け入れもそれほど狭くないのと、両面・多面待ちで以上で待てて、その後の手牌変化も様々である。

6p入ってもツモ切りたいくらいこのマンズやソーズの形には惚れ惚れしてしまう。

カンツ+連続系やアンコ+連続系は多面張が隠れてるので、大事にした方が良い。

結論:
手牌変化は2手先くらいまで考えないといけない。
一手先くらいの手牌変化にしか対応できないようではダメである。
[TOPに戻る]