×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鴉〃の麻雀考察
某何切るサイトの問題

東1局
2順目
東家
ドラ北

56m34567p556777s
ツモ5s

@56m切り
A3p切り
B5s切り
C6s切り
Dその他

後程解説したいと思います。

まず、待ちの枚数について説明したいと思います。

47m待ち
→8枚
47p待ち
→6枚
258p待ち
→11枚
47s58s6s待ち
→13枚

※ここで言う受け入れというのはテンパイに至る受け入れ枚数のことである。

@56m切り
テンパイチャンス◎
受け入れ○
手役×

258p・47s58s6sの1シャンテンに取れる。

受け入れは9種27枚と意外に広い、456・567の三色を見切る形になるが、
多面張受けしかないので、テンパイチャンスが1番期待できる打ち方。
アガリやすさや一発を期待するなら56m切りが1番良さそう。

A3p切り
テンパイチャンス○
手役○
受け入れ○

47m・47p・47s58s6sの1シャンテンに取れる。

受け入れは@の56m切りと同じで、9種27枚。
456、567の三色も狙える。
テンパイチャンスは少し劣る。
手役派なら3p切りを選択するであろう。

三色が崩れ安いケース:
ソーズの4s・7s・5s引き(6枚)なら三色が少しでも確定しやすくなるが、

4m(7枚)を引いた際には、
三色が確定するのは4sのみなので、13枚ある中の4枚。

7m(7枚)を引いた際には、
三色が確定するのは13枚ある中の2枚。

と、ソーズの多面張で待つようになると三色が確定しにくくなる。

B5s・7s切り
テンパイチャンス△
手役○
受け入れ△

47m258pの1シャンテンに取れる。

受け入れは5種19枚と1番狭い(フリテン含みの475s及び58s7s引きは除く)。
567の三色、メンタンピンに仕上げたいならこれが1番良いかも知れない。

5s切りの場合、47sを引いた時
7s切りの場合、58sを引いた時
に36p47p56m引きでもテンパイとかなり広く受けられる。

7s切りだとワンチャンスになるので当たり牌になりにくい特徴があるが、5s切りだと456の目も残せるのでどっちを残すのかは微妙です。

C6s切り
テンパイチャンス△
手役×
受け入れ◎

47m・258pの1シャンテンに取れる。

受け入れは11種35枚と1番広い。
両面以上になる形だし、手役などはともかく、
テンパイ即リーを打ちたいならこれが1番良いかと思います。

※鴉〃は何を切るか?
私は56mを切り(赤ありなら6mから)ソーズの五面張及びピンズの三面張受けでリーチを想定します。

三色やピンフ系は完全に見切る形になりますが、不確定で尚且つ、親番なのであまり意識はしないです。

受け入れもそれほど狭いわけではなく、9種27枚と意外に広く、ソーズで待てれば、7枚使いとは言え、13枚くらい有効牌ありますし、ソーズはかなり狙えそうですから。

早い順目で多面張で待てれば、ほぼアガリ確定しそうな感じです。
[TOPに戻る]