×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鴉〃の麻雀考察
昨日の何切る問題の解説

※赤なし・一発・裏ドラありルール
※東家の第一打は北、鳴きは一切入ってません。

東1局
南家
配牌時
ドラ6m
112367m11289s12p
ツモ9m

@1m切り
A6m切り
B9m切り
C8s切り
Dその他

まず、見える手役について。
シュンツ系:
ドラ絡みのメンツ手、ジュンチャン、チャンタ系、123の三色、イーペーコー、一通。

アンコ・トイツ系:
チートイツ、ホンロー、トイトイ、サンショクドウコウ、チンロウトウ。
くらいであろうか。

@1m切り
メリット:
イーペーコー以外のシュンツ系の手役なら幅広く狙えそうである。

デメリット:
アンコ・トイツ手はほぼ見切る形になる。
14m引きで少し遅れる。

A6m切り
メリット:
一通系は見切る形になる。
ジュンチャン系の手なら幅広く狙えそうである。
高い手を狙い損ねるリスクが少ない。

デメリット:
やはり鳴かれることではなかろうか?
ここで、6mをポンされたらやり辛い。

B9m切り
メリット:
一通系は見切る形になる。

デメリット:
トイツ手はほぼ見切る形になる。
8m引きでのジュンチャン系の目もほぼなくなる形である。

C8s切り
メリット:
マンズの伸びやアンコ・トイツ手にも対応出来る。

デメリット:
やはり、7s引きであろうか。
それ以外はほぼロスがないと言って良いだろう。

D1s切り
メリット:
123に決め打ち。
シュンツ系の手役を幅広く狙いたいならこれが良いかも。

デメリット:
雀頭候補を捌く形なので少しスピードが遅くなる可能性がある。
アンコ・トイツ系は見ない形である。

実戦ではどうなったのか?:

これ実は私の友人の牌譜なのだが、その友人はドラの6mを切った。

112379m11289s12p
ツモ1mで打8s
1112379m1129s12p
ツモ9sで打7m
111239m11299s12p

9sが出たのですかさずポン
111239m11s12p 999sポン
9mツモで打3m
111299m11s12p 999sポン
9mポンで打2m
111m11s12p 999sポン 999mポン
ジュンチャンのみのペン3p待ちで2600テンパイ、3pは出ても見逃すであろう。

1sツモで
111m111s1p
1p単騎
場には1枚も飛んでいない。
3順して1pツモって役満、8000・16000の炸裂。

本人に聞いた所、19牌が集まり安そうなツモに合わせて、配牌時から役満を意識しているということ、、好牌先打も兼ねていると言ってました。

結論:
4・5手先くらいまで見れる目を養うのも大事かも知れない。

そういう目を養えば、不用意に高く狙える所をアガれなかったりすることも、少なくなるに違いない。

(終)
[TOPに戻る]